大型自動車免許の種類と取得にかかる期間

大型自動車免許の種類や取得するまでの期間、メリットについて考えてみよう

大型免許の種類について考えてみよう

第一種運転免許とは何か

第一種運転免許とは、公道で自動車や二輪車を運転する為に必要な免許のことになります。
一般的に取得されている第一種運転免許は、普通免許と言って軽自動車や普通自動車を運転する為の免許ですが、その他にも二輪免許や準中型・中型免許、大型免許があります。
準中型・中型免許では、2tから5tトラックを運転することが出来るので、引越し業者の方などは取得していた方が良いでしょう。
大型免許は、中型免許で乗ることが出来る5tトラック以上の大きさの大型車両に乗ることが出来ます。大型免許を持っていると、運送関係の仕事は引く手あまたでしょう。
二輪免許はバイクやスクーターのことで、排気量の量で普通二輪か大型二輪かに分かれます。排気量400ccまでは普通二輪免許で乗ることが出来ますが、400ccを越すと大型二輪免許が必要になります。

第二種運転免許とは何か

第二種運転免許とは、タクシーやバス、旅館の送迎などに使われる自動車を運転する場合に必要になる運転免許になります。
簡単に言うと、他人を自動車に乗せて運転し料金が発生するものは、全て第二種運転免許が必要になるということです。
自動車というものは、運転の仕方次第では凶器とも言えるものなので、運転する時は細心の注意を払わなければなりません。他人を乗せるには、高度な運転技術が必要になるので、第一種運転免許を取得している上で、さらに講習を重ねて第二種運転免許を取得する必要があるのです。
第二種運転免許の種類は、第一種のものとほぼ同じで、普通第二種免許、中型第二種免許、大型第二種免許が主なものです。プラスして、大型特殊第二種免許と言って、除雪車やショベルカーなどの運転をする為の免許もあります。


この記事をシェアする