大型自動車免許の種類と取得にかかる期間

大型自動車免許の種類や取得するまでの期間、メリットについて考えてみよう

大型自動車免許を取得する為の条件やかかる期間はどれくらいか

大型自動車免許を取得する為に必要な条件

普通自動車免許と違い、大型自動車免許を取るには一定以上の運転レベルを求められます。
大型自動車免許をとるには、まず普通自動車免許が必要になります。免許も何もない状態から大型自動車免許を取ることは出来ません。
ただ、おそらく大型自動車免許を取得しようと考える方は、仕事上必要だからという理由もあるかもしれませんが、運転することが日常的に頻繁にあり、運転レベルがある程度高い人が多いのではないかと思います。
この運転レベルが高いかどうかの基準は、普通自動車免許を取得してから3年経過しているかどうか、ということになっているため、若くても21歳以上にならないと、大型自動車免許を取得できないということになります。
また、視力検査の条件も厳しく、片眼で0.5、両眼で0.8以上ないと大型自動車免許は取得できません。眼鏡やコンタクトレンズも使用可能なので、視力検査の前に必ずレンズの状態を調べておきましょう。

大型自動車免許を取得するまでの期間

大型自動車免許を取得するまでの期間は、お手持ちの運転免許によって違ってきます。
最短ルートで取得を目指すのであれば、合宿免許がお勧めです。
中型自動車免許をお持ちであれば、プラス技能教習20時限のみで大型自動車免許を取得出来るので、合宿免許であれば最短10日間で取得可能です。
普通自動車免許をお持ちであれば、技能教習30時間と学科教習2時限をプラスすれば良いので、合宿免許で最短14日間かかります。
教習所通いであれば、その倍くらいかかるとみておけば良さそうです。つまり中型自動車免許を持っている場合は20日間、普通自動車免許を持っている場合は28日、約1ヶ月かかるという計算です。
大型自動車免許は、そのまま収入に直結するので、取得までの期間は短い方が良いと思います。転職する為に取得するのであれば、現職にいる間に有給休暇を上手に利用しながら大型自動車免許を取る為の時間を作られてはいかがでしょうか。


この記事をシェアする